【2020年最新】釜山にできた!新しい「お洒落カフェ」をチェック♡【第4弾】

【2020年最新】釜山にできた!新しい「お洒落カフェ」をチェック♡【第4弾】

カフェ 2020.4.28

韓国人にも人気のある地域、釜山(プサン)。最近ではインスタ映えを狙ったものも多く観光スポットも年々増えてきているそうで…また2022年には多くのホテルや遊園地など新しいものが続々増える予定♪そんな釜山の新カフェも沢山増えてきているんですっ

韓国人にも人気の都市「釜山(プサン)」♡

via https://www.instagram.com/p/B-nkapBHrSM/
韓国では首都ソウル以外にも人気の地域が・・!
そう、日本人にも人気の南に位置する「釜山(プサン)」。

自然と海に囲まれた釜山は来る人を魅了させる魅力溢れる地域で、
また年々インスタ映えを狙った観光スポットも多いんだとかっ

今回はまた引き続きとして釜山に最近新しく出来た、
「新カフェ情報」を3つお届けしていきます><

前回の記事はこちら↓

※また、釜山は実はソウルからも簡単に行くことが出来るんです!
詳しくはこちらから↓

釜山(プサン)に行ったら行ってみたい!「新カフェ」特集♡

①벨렘351(belem351)

via https://www.instagram.com/p/B-FTIdVAVll/
ベーカリーカフェを営む「벨렘351」は、
おかず系パンからデザートパンなど多様なパンが食べれる場所。

4月1日正式にOPENしたばかりですが、
プレオープンからその人気は絶えず既にリピート客になる人も少なくはないんです!

また屋上へ上がることも出来るんですが、その屋上がまた凝っていて
滝のように流れる水や座席もソファー席から小椅子まで座れる広さ♥

10時から開いているので少し遅めの朝ご飯として食べに来る方もっ
via https://www.instagram.com/p/B9yU_DpgzEM/
■住所:釜山江西区デチョン路299番道6(부산강서구대저로299번길6)
■電話番号:051-464-5613
■営業日:月曜日~日曜日 10:00~22:00
■休業日:なし
■位置:地下鉄3号線 江西区庁(カンソグチョン)駅の「1番出口」から徒歩で約4分
34 件

韓国情報サイトJOAH-ジョア-の公式LINE@も登録してね♡

↓↓登録はこちらから↓↓

       

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2020年最新】釜山にできた!新しい「お洒落カフェ」をチェック♡【第3弾】

【2020年最新】釜山にできた!新しい「お洒落カフェ」をチェック♡【第3弾】

韓国の第2都市と呼ばれる「釜山(プサン)」。最近は釜山にもキレイカフェとして知られる大邱(テグ)のようなインスタ映えする可愛いカフェが沢山出店されているんです♡今回はその中でも新しく出来た新カフェ情報を新たに紹介していきます♬
【2020年最新】釜山にできた!新しい「お洒落カフェ」をチェック♡【第2弾】

【2020年最新】釜山にできた!新しい「お洒落カフェ」をチェック♡【第2弾】

さて前回に引き続き釜山の新カフェ情報、本日は【第2弾】としてお届けいたします!今回の釜山カフェも釜山らしい可愛いお洒落な空間とメニューなので、釜山旅行に行かれる方はかなり必読の内容ですよ♪では早速チェックしていきましょっ
【2020年最新】釜山にできた!新しい「お洒落カフェ」をチェック♡【第1弾】

【2020年最新】釜山にできた!新しい「お洒落カフェ」をチェック♡【第1弾】

韓国ソウルの次の「第2都市」と呼ばれる釜山(プサン)。日本でいうと大阪のような街とも言われており、人柄も良く自然に囲まれている釜山。そんな釜山にはお洒落なカフェが多いんですが、最近また新たにカフェが出来たという噂があるんです・・・!
釜山のお洒落可愛い「雑貨ショップ店」に行ってみよう♡第2弾

釜山のお洒落可愛い「雑貨ショップ店」に行ってみよう♡第2弾

今回は釜山(プサン)の雑貨店情報第2弾となります!前回も可愛い文房具やSNS映えするようなお洒落な雑貨店が多かったですが、今回もかなり素敵で行きたくなる雑貨店ばかり><最後まで見逃せない!!
インスタ映え間違いなし!韓国釜山で食べれる虹色チーズトーストのお店が話題!♡※閉店※

インスタ映え間違いなし!韓国釜山で食べれる虹色チーズトーストのお店が話題!♡※閉店※

最近、韓国釜山でインスタ映え間違いなしの虹色チーズトーストが韓国人の間で注目を集めています!♡今回はそんな韓国人も注目する虹色チーズトーストについてご紹介します。
an.m |

キュレーター紹介

박에리(パク・エリ) 박에리(パク・エリ)

リクエスト&質問はDMまで。Instagram➡「@eriiiiii924」

박에리(パク・エリ)さんの記事