BTSグクがカバーしたKPOPソング7選♡甘い歌声にファンも感激!

BTSグクがカバーしたKPOPソング7選♡甘い歌声にファンも感激!

KPOP 2021.12.19

Twitterなどでよくカバー曲を披露することが多い、BTS(防弾少年団)のジョングク。その甘くて美しい歌声は毎回ファンの間で話題になっています♡そこで今回は、ジョングクがこれまでにカバーしたKPOPソングを7曲ピックアップして紹介♪

Twitterでよくカバー曲を披露するBTSのジョングク♡

via https://twitter.com/bts_bighit/status/1433036926110494720
BTS(防弾少年団)のジョングクはTwitterやV LIVE放送などで、
よく他アーティストのカバー曲を披露することが多いですよね!

またジョングクの甘くて美しい歌声は
毎回ファンの間で話題になっており、
ジョングクのカバー曲を聴いてから原曲を好きになる人も多いです♥

中でも今回はBTSジョングクがこれまでにカバーした、
KPOPソングを7曲ピックアップして紹介していきます♬

~BTSジョングクがカバーしたKPOPソング一覧~

①Crush「SOFA」
②Zion.T「Yanghwa BRDG(양화대교)」
③george「바라봐줘요(look at me)」
④イハイ「한숨 (BREATHE)」
⑤IU「이런 엔딩(こんなエンディング)」
⑥パクウォン「All of My Life」
⑦ロイキム「그때 헤어지면 돼(Only Then)」

BTSジョングクがカバーしたKPOPソング【7選】♡

①Crush「SOFA」

Crushの歌はメロディーが優しくどの曲も人気が高いことから、
韓国アイドルもよくカバーしていることが多いですよね!

特にファンの間で話題になったのがジョングクが歌う、「SOFA」。

体の芯から痺れるようなジョングクの甘い歌声に、ファンも大興奮><


(原曲はこちら↓)

※JOAHではCrushのおすすめドラマOSTも特集しています。
是非こちらの記事も合わせて読んでみて下さい♪↓↓

②Zion.T「Yanghwa BRDG(양화대교)」

ジョングクは2014年9月27日に公式ツイッターを通じて
Zion.Tが歌う『Yanghwa BRDG(양화대교)』の歌詞を
元に『일하는중(Working)』というタイトルでカバーし、音声ファイルを公開!

ジョングク曰く、この曲は思い入れの深い曲だそうで、
当時はジョングクが書いた歌詞に泣くファンが沢山いたそうですTT
52 件

韓国情報サイトJOAH-ジョア-の公式LINE@も登録してね♡

↓↓登録はこちらから↓↓

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卒業シーズンにぴったりのKPOPソング!この日を思い出す曲になるTT♡

卒業シーズンにぴったりのKPOPソング!この日を思い出す曲になるTT♡

誰もが経験する卒業。今回は懐かしい友達や恋人との青春時代の思い出が蘇る、卒業シーズンにぴったりのKPOPソングを動画付きで6曲厳選してお届けします♡
聴きいっちゃう♡韓国アイドルがカバーしたKPOPソング6選♪

聴きいっちゃう♡韓国アイドルがカバーしたKPOPソング6選♪

最近の韓国アイドル達はYouTubeやテレビ番組でカバー曲を歌う人ばかり♡しかも原曲が良いからアイドル達が歌うカバー曲もなおさらよく聞こえる!韓国で大人気のアイドルがカバーしたKPOPソングをお届けしちゃいます♡
an.m |
KPOPアイドルのクリスマスソング特集【24選】

KPOPアイドルのクリスマスソング特集【24選】

気分が盛り上がるクリスマスシーズンに聞きたいKPOPソング特集♡クリスマスパーティーや、作業のBGMなんかにおすすめの楽しいクリスマスソングを集めました!※2021年12月7日更新
riri |
これで合格した!韓国アイドル7人がオーディションで披露した曲とは!?

これで合格した!韓国アイドル7人がオーディションで披露した曲とは!?

韓国アイドルはスカウトで入る人もいますが、ほとんどは自分の足で事務所に向かい、オーディションに行く人が多いです。果たして彼らは一体どんな曲を披露して合格を貰ったのか…早速覗いてみましょう!
自信と勇気をくれるKPOPアイドルソング8曲♡

自信と勇気をくれるKPOPアイドルソング8曲♡

春といえば周りの環境がガラッと変わる人も多いはず!新しい環境を不安に感じたり、自信がなくなってしまっている方に聞いてほしいKPOPソングをまとめました♡不安や心のしこりを溶かして、自信と勇気をもらえること間違いなし!
riri |

キュレーター紹介

Ⓟ.Ⓔ Ⓟ.Ⓔ

主にKPOP・芸能・トレンド記事を配信中♡韓国好きは集まれ~♡

Ⓟ.Ⓔさんの記事