親知らずは韓国語で「사랑니 サランニ(愛の歯)」と呼ぶ!?由来もご紹介♪

親知らずは韓国語で「사랑니 サランニ(愛の歯)」と呼ぶ!?由来もご紹介♪

韓国語 2021.11.4

韓国語を勉強していると同じものを呼ぶ時、日本語の意味と韓国語の意味が違ったりする時があります。それぞれの由来も知っておくと面白いです♡今回は親知らずは韓国語で사랑니 サランニ(愛の歯)と呼びますがその由来もご紹介します♪(2021年11月4日更新)

親知らずは韓国語では「사랑니(愛の歯)」なぜ愛?その由来は?

奥歯に違和感がある時や突然奥歯の奥が痛みだすと親知らずが原因だったりしますね。


その親知らずが韓国では「사랑니 サランニ(愛の歯)」と呼ばれることを知った時は不思議でした!

そこで何故、親知らずが사랑니(愛の歯)と呼ぶのか由来を調べてみました♪

사랑니(愛の歯)の由来

名前の中に사랑(愛)という言葉があるので、
何故사랑니(愛の歯)と呼ばれるようになったのか気になりますよね。

それは、
「그 치아가 “사랑을 느낄 만한 나이”인 19세에서 21세쯤에 난다」
日本語だと「その歯が“愛を分かるようになる年齢”と言われる19歳〜21歳に出る」

そういう理由で「사랑니 サランニ(愛の歯)」と呼ばれるようになったそうです!!
他にも親知らずが生えてくる痛みが、初恋をするときの心の痛みのように感じることから「사랑니 サランニ(愛の歯)」とも呼ばれているようです。

どちらもロマンチックですね!ロマンチックな韓国人だからこそ出てくる発想かもしれません♡
ちなみに日本語では親知らずといいますが、由来は知っていますか?
親知らずの由来についても調べてみました♪

日本の「親知らず」と呼ばれる由来

日本語でも何故親知らずと呼ばれるようになったのか知ってますか?

子供から大人になるにつれて歯が生え変わって来ますが、6歳から12際にかけてほぼ全ての歯が生えそろってきます。

永久歯のうちで大臼歯(だいきゅうし)とよばれる歯は、この時点では第一大臼歯(6歳臼歯)第二大臼歯(12歳臼歯)。
ところが、奥にある歯は「子供が親元を離れる時期」と言われる10代後半から20代に一番最後に生えてくるので(第三大臼歯)親がこの奥歯が生えたことを知らないことから「親知らず」と呼ばれるようになりました。
ちなみに英語では物事の分別がつく時期に生えてくることから「wisdom tooth(知恵の歯)」と呼ばれています。中国語も「智齿(知恵の歯)」で同じですね!
22 件

韓国情報サイトJOAH-ジョア-の公式LINE@も登録してね♡

↓↓登録はこちらから↓↓

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本人がパニックに?!韓国での家族・親戚の呼び方に関する韓国語まとめ

日本人がパニックに?!韓国での家族・親戚の呼び方に関する韓国語まとめ

日本ではお父さんの兄弟、お母さんの兄弟、みんな大体がおじさん・おばさんと呼びますよね!韓国では親戚中一人一人に呼び方があった!韓国の家庭に入る日本人がパニックになるという韓国での家族や親せきの呼び方をまとめてみました◎全部覚えられる?!
Oyuki |
日本とは正反対のNG行動?!韓国で気をつけたい常識やマナーとは?

日本とは正反対のNG行動?!韓国で気をつけたい常識やマナーとは?

文化や習慣が違う日本と韓国!常識やルールももちろん違いますよね!韓国ドラマを見ていても日本ではあり得ないと思う事が韓国では当たり前の事だったり、、、「郷に入ったら郷に従え」というように韓国に行く前に知っておきたい常識やルールをご紹介します◎
Oyuki |
韓国人の共感度100%!韓国のお母さん『オモニ』あるあるがおもしろい!

韓国人の共感度100%!韓国のお母さん『オモニ』あるあるがおもしろい!

韓国に詳しい人にはおなじみ?!癖が強いとイメージされている韓国お母さん「オモニ」!韓国人が100%共感するという、情深くて憎めないオモニあるあるが面白かったのでご紹介します◎日本人も共感できる?「オモニ」の生態をチェックです!
Oyuki |
【驚き!】日本と全然違う!韓国で人気な子供達の習い事って?

【驚き!】日本と全然違う!韓国で人気な子供達の習い事って?

意外と盛り上がる話題「習い事事情」!この記事を参考に韓国人達とも盛り上がってみてください^ ^日本とは全く違う「子供達の習い事」なので驚きです!
hirona |
日本とは違う韓国の祝日「어버이 날(オボイナル/父母の日)」とは??♡

日本とは違う韓国の祝日「어버이 날(オボイナル/父母の日)」とは??♡

日本では、両親に感謝を伝える日として「母の日」と「父の日」が別々に設けられていますよね。韓国にも、両親に感謝を伝える日「어버이 날(オボイナル/父母の日)」があります。

キュレーター紹介

JOAHオフィシャル JOAHオフィシャル

JOAHオフィシャルさんの記事